【訣】 11画 (4) 準1級


[音] ケツ
[訓] わかれる
おくぎ

《意味》

  1. わかれる。別れのことばを述べる。いとまごいする。
    「決」に書き換えられるものがある。
  2. 秘伝。奥義。奥の手。

【訣別】けつべつ

いとまごいをして別れること。また、きっぱりと別れること。
「決別」に書き換えられる。

【訣れる】わかれる

  1. 思い切って別れを告げる。いとまごいする。
  2. 死別する。

【永訣】えいけつ

永遠に別れること。また、死別すること。永別。

【秘訣】ひけつ

容易に人に知らせない奥義。秘密の法。奥の手。

【面授口訣】めんじゅこうけつ

仏教用語で、師が弟子に面と向かって口伝えに授ける奥義のこと。
「面授」は顔をあわせて授けること。「訣」は奥義。

【要訣】ようけつ

重要な奥義。また、それを述べた書物。

《字源》

声符は「夬(けつ)
「夬の正字はで、ものを切断する意。
の篆文。手(又)で刃器を持つ形。

【≪戻る】【トップページへ戻る】【進む≫】