【訊】 10画 (3)  準1級


[音] シン
  ジン
[訓] たずねる
  たよ

《意味》

  1. たずねる。とう。
  2. おとずれる。たより。
「尋」に書き換えられるものがある。

【訊く】きく

相手に質問する。

【訊問】じんもん

  1. 質問を発して,強制的に返答させること。
  2. 裁判所・当事者が,証人・鑑定人などに対して問いただすこと。
「尋」に書き換えられるものがある。

【訊ねる】たずねる

上の者が下の者に問いただす。
「尋ねる」に書き換えられることがある。

【訊う】とう

取り調べる。罪を調べる。
責める。とがめる。問い()める。

訊】きくじん

罪人を問いつめて調べる。
鞠問(きくもん)」「訊問」
「鞫訊」とも書く

【審訊】しんじん

  1. 詳しく訊問(じんもん)すること。審問。
  2. 裁判所が訴訟当事者や訴訟関係人に,陳述の機会を与えること。

【問訊】もんじん

  1. 問いただすこと。訊問(じんもん)
  2. おとずれること。訪問すること。
  3. 禅宗で、体を曲げ合掌し口で安否を問う礼法。
  4. 降参すること。

《字源》

声符は(じん)
『唐本説文』に「隼(しゅん)はの省に從ふ」とあって、隼(はやぶさ)の飛ぶようなさまをいう。
「訊」は甲骨文字や金文では、祝祷の器である「(さい)」、後ろ手に縛られた人「允」、「糸」で表され、弁髪の人を後ろ手に縛り、「」の前で厳しく尋問する様子から成る。


上が甲骨文字、下が金文で、楷書体化すると
「訊」の初文で、「訊」は後にできた形声文字。

《字体》

旁の内部は、と2画目を止めずに撥ね抜いても可。

【≪戻る】【トップページへ戻る】【進む≫】