【覗】 12画 (5) 準1級


[音]
[訓] うかが
のぞ

《意味》

うかがう。のぞく。細いすきまからのぞいて見る。「伺」

【覗う】うかがう

すきまからそっと見る。ようすを探る。

【覗き機関】のぞきからくり

大きな箱の中に数枚の絵を入れておき、この絵を順次にひもによって転換させ、箱の前方の眼鏡からのぞかせる装置。覗き眼鏡(めがね)
「覗き絡繰り」とも書く。

【覗く】のぞく

  1. すきまや小さな穴を通して向こうを見る。う」
  2. 高い所から下を見る。
  3. 先方に知られることなしにようすを見る。うかがう。こっそり見る。
  4. 少しばかり見る。少しばかり知る。
  5. 物の一部分が外に出て見える。「口から白い歯が覗く」

【網無くて淵を覗くな】あみなくてふちをのぞくな

十分な用意なくして成功はおぼつかないというたとえ。
網を持たずに淵をのぞき込んでも、魚が採れるわけがない意から。
「網無くして淵に臨むな」ともいう。

【針の穴から天を覗く】はりのあなからてんをのぞく

狭い見識で大きな問題を論じたり、判断したりするたとえ。
「管を以て天を(うかがう)う」

《字源》

声符は「司(し)
「司」(し)+口」で、「口(さい)祝詞(のりと)を収める器の形。
はこれを開くもので、「司」はそこに表れる神意を(うかが)い見ることを示す。
神の啓示を受けることを司るので「つかさどる」意になる。
「司」の甲骨文字。

【≪戻る】【トップページへ戻る】【進む≫】