【愈】 13画 (9) 準1級

姿形書換字


[音]
[訓] いよいよ
える
やす

《意味》

  1. まさる。比較してみて、他のものを越えている。また、そのさま。
  2. いよいよ。ますます。「兪」「逾」
  3. いえる。病気のもとがとれてさっぱりする。「癒」

【愈・愈愈】いよいよ

  1. それまでよりも、より一層。ますます。
  2. 予定していたことがついに起こるようす。とうとう。
    「愈別れの時がきた」
  3. 確かさが決定的になるようす。たしかに。きっと。
」「兪」「逾」とも書く。

《字源》

声符は「兪(ゆ)「兪」は、取っ手のある大きな手術刀「余(よ)で膿(かい)を取り、これを盤(舟)」に移す形。これによって苦痛を治癒する意。次第によくなることから、いよいよの意になる。
病苦を除いて心安らぐことを「愉」という。
「兪」の金文。左側のが(舟)」で、右側のが「余(よ)と膿(かい)

《字体》

「兪」の上部は「入(いりやね)」だが、楷書では「入」のように書くことは一切なく、「人」と書くのが運筆の面からも自然。
は、単なる康煕字典体上のデザインで、活字通り手書きでのように書くことはない(当然ツメもいらない)。
さらに、「月」「刂」と、の形で、唐代より手書きの楷書では書かれてきた。
常用漢字のなどは、それが採用された字体。

【≪戻る】【トップページへ戻る】【進む≫】