【蠣】 20画 (14) 準1級

異体字【蛎】


[音] レイ
[訓] かき

《意味》

かき。貝の名。

【蠣】かき

イタボガキ科の二枚貝の総称。
Wikipediaカキ (貝)
「牡蠣」とも書く。

【牡蠣】かき

イタボガキ科の二枚貝の総称。左殻はよく膨らんで海中の岩などに付着し、右殻は平らで(ふた)のようになる。肉は美味で、各地で盛んに養殖が行われる。
Wikipediaカキ(貝)
「ぼれい」とも読む。

【牡蠣】ぼれい

  1. 貝のカキの漢名。
  2. カキの殻を焼いて砕いた粉末。制酸・鎮静剤とするほか小鳥の餌などに混ぜる。

《字源》

声符は「厲(れい)
「厲」「厂(かん)+萬」
「萬」は猛毒を持つサソリのような虫の形。
「厂」は崖下などの秘密の場所。
「厲」は、そのような場所で、この虫を蠱毒として呪術を行うことを原義としていると思われる。
「はげしい・きびしい・わるい」意を持ち、その呪術によって生じる病を「癘」という。
また、「厲」には砥石の意がある。
「萬」の甲骨文字。

《字体》

『同文通考』
(新井白石)
『倭楷正訛』
(太宰春台)
常用漢字では「萬」「万」と書くので、「厲」
に略される。
常用漢字の「励」も同様の変換で、「勵」がもとの旧漢字(いわゆる康煕字典体)。
」「蠣」などは表外漢字なのでそのままだが、「砺」「蛎」に略されることも多い。
「厲」の異体字は1753年刊行の『倭楷正訛』(太宰春台)や1760年刊行の『同文通考』(新井白石)にすでに見えるので、江戸中期には日本の異体字として一般的用いられていたと思われる。


【≪戻る】【トップページへ戻る】【進む≫】