【裘】 13画 (7) 1級


[音] キュウ
[訓] かわごろも

《意味》

かわごろも。獣の毛皮で作った服。

【裘】かわごろも

  1. 毛皮で作った防寒用の衣。かわぎぬ。
  2. 僧衣。また、僧。
    修行中の釈迦が鹿の皮をまとったという故事から。

【裘きゅうかつ

皮衣と(くず)帷子(かたびら)。冬の衣服と夏の衣服。
転じて、冬から夏まで。一年。
「裘葛を()える(=一年の年月がすぎる)」

【裘代】きゅうたい

僧服の一種。法皇・諸門跡、また参議以上で出家した人が参内のときなどに着る。俗人の直衣(のうし)に当たる。

【晏裘】あんえい(の)こきゅう

上に立つ者が倹約に努め、職務に励むこと。
「晏嬰」は人名で中国春秋時代の斉の宰相、「狐裘」は狐の脇の下の白い毛の部分で作った衣のこと。
晏嬰は、高価であるが一枚の狐裘を三十年間着用し、職務にいそしんだので名宰相といわれたという故事から。
「一狐裘三十年」ともいう。

袖】こきゅうこうしゅう

全体としては立派だが、よく見れば多少の難があるというたとえ。
「狐裘」はキツネの毛で作った高価な皮衣。「羔袖」は子羊の皮で作った安価な(そで)
高価な皮衣を着て立派に見えるが、袖が安価な子羊の皮では釣り合いがとれないという意。
白璧微瑕(はくへきのびか)」「山藪蔵疾(さんそうぞうしつ)

こきゅうもうじゅう

富貴の人の行いが治まらず国家が乱れることのたとえ。
富貴の人が着るキツネの皮衣の毛が乱れる意。
「狐裘」はキツネの毛で作った高価な皮衣。「蒙戎」は物が乱れるさま。

【黒之裘】こくちょうのきゅう

非常に高価なもののたとえ。
「黒貂」は黒いテン。「裘」は皮衣。黒いテンの毛皮で作った衣服は貴人が着るもので、非常に高価なものであったことから。

【千金の裘は一の腋に非ず】せんきんのきゅうはいっこのえきにあらず

国を治めたり大事業を成し遂げたりするには、大勢の人の知恵によらなければならないというたとえ。
キツネの(わき)の下の皮で作る高価な皮衣は、一匹のキツネの皮では作れない意から。

裘】ちょうきゅう

テンの毛皮で作った衣服。身分の高い人が用いる。

裘の地】ときゅうのち 

官を辞して隠棲する地。
「菟裘」は地名で、今の山東省泗水(しすい)県の北。春秋時代、()の国の隠公が隠居した所。

【肥馬軽裘】ひばけいきゅう

たいへん富貴なこと。また、富貴な人の外出の装い。
「肥馬」は肥えた立派なウマ。「軽裘」は軽くて立派な皮衣の意。
「軽裘肥馬」ともいう。

【羊裘垂釣】ようきゅうすいちょう

隠者のこと。また、隠者のような生活。
羊の皮衣を着て釣り糸を垂れる意。
「羊裘」は羊の毛皮で作った服。「垂釣」は釣り糸を垂れること。
「羊裘、(ちょう)()る」が書き下し文。

《字源》

「求衣」
「求」は霊力のある獣の形で、この獣を用いて求め祈る。
また、獣皮の形で、「裘」の初文でもある。
この獣を打って呪いを解くために祈り、救いを求めることを「救」という。
「求」「裘」の金文。
「裘」の篆書。「衣」の真ん中に「求」がある。

【≪戻る】【トップページへ戻る】【進む≫】