【贖】 22画 (15) 1級


[音] ショク
[訓] あがな
あがな

《意味》

あがなう。物と物とを交換する。金品を出して罪を免れる。

【贖児】あがちこ

陰暦6月と12月の大祓(おおはらえ)に用いた人形(ひとがた)
人にかわって罪をあがなう稚児の意から。

【贖う】あがなう

罪の償いをする。
「死をもって罪を贖う」

【贖物】あがもの

  1. (はらえ)の際に、身の汚れや罪を代わりに負わせて川などに流す装身具や調度品。形代(かたしろ)
  2. 罪のつぐないとして出す物。

【贖罪】しょくざい

  1. 金品を出したり、善行を積んだりして、犯した罪をつぐなうこと。また、刑罰を免れること。罪滅ぼし。
  2. キリスト教で、人々の罪をあがない、人類を救うために、キリストが十字架にかかったとする教義。和解。

【贖しょくゆう

ローマカトリック教会で、キリストと諸聖人の功徳により教会から罪の償いに対して与えられるゆるし。
罪のすべてが免除される場合とその一部のみが免除される場合とがある。免償。

《字源》

声符(いく)の形声文字。
正字は「眚(せい・あやまち・わざわい)の省略形と「貝」から成り、
わざわいを貝でもって救うことで、贖罪の意味を持つ。

【≪戻る】【トップページへ戻る】【進む≫】